タクシー生誕100周年

HOME

東京のタクシー百年史

マウスポインタを近づけると停止します。
写真をクリックすると解説を読むことができます。

大正元年(1912)
この年の8月5日、東京・有楽町の数寄屋橋際(現在の有楽町マリオンの地点)で「タクシー自働車株式会社」がT型フォード6台で営業を開始。これがわが国初のタクシー事業となる。この時すでにタクシーメーターが採用され、料金は最初の1哩(約1.6km)が60銭で半哩増すごとに10銭。当時としてはかなり高価な乗り物だった。この発祥にちなみ、8月5日は「タクシーの日」と定められた。 タクシー自働車株式会社タクシー自働車株式会社
タクシー自働車株式会社

日本のタクシー会社第1号「タクシー自働車株式会社」(模型)。数寄屋橋際の本社ほか上野と新橋に営業所を置いた。

大正3年(1914)
第一次世界大戦が始まり、好景気を受けタクシー事業も本格的に発展。 流行最先端、タクシー運転手の詰衿姿流行最先端、タクシー運転手の詰衿姿
流行最先端、タクシー運転手の詰衿姿

詰衿の上着に乗馬ズボン、黒の長靴下に黒の編み上げ靴をはき、皮の帽子をかぶった最新流行ファッションで、街行く女性たちを振り返らせたという。(大正3年撮影)

大正10年(1921)
戦後の不況で料金ダンピングによる競争時代に。「流しタクシー」出現。 T型フォードT型フォード
T型フォード

1908年に発売されたアメリカのフォード・モーター社製自動車。大衆車として完成度が高く、20世紀前半の社会に多大な足跡を残した存在。

大正12年(1923)
関東大震災で東京の街は壊滅状態に。この時動けた唯一の交通機関が自動車で、以後、タクシーは庶民にも利用できる交通機関として発展。 関東大震災で壊滅した銀座関東大震災で壊滅した銀座 大正14~15年頃のタクシー会社大正14~15年頃のタクシー会社
関東大震災で壊滅した銀座

大正12年(1923年)9月1日午前11時58分44秒、関東地方はマグニチュード7.9の大地震に見舞われた。

大正14~15年頃のタクシー会社

現在の数寄屋橋ニュートーキョーの場所にあり、左下には外堀の石垣が見える。

昭和2年(1927)
その頃まちまちだった東京のタクシー料金に対し、「市内1円の均一性を含む標準料金16種」が警視庁で制定。市内1円均一タクシー、いわゆる「円タク」が始まった。 5年/車内の運賃表5年/車内の運賃表 客を奪いあう円タクのダンピング風景客を奪いあう円タクのダンピング風景 昭和初期の銀座四丁目交差点昭和初期の銀座四丁目交差点 にこやかに微笑むカフェの女給にこやかに微笑むカフェの女給 モダンガールが闊歩する銀座モダンガールが闊歩する銀座 ガソリン切符ガソリン切符
5年/車内の運賃表
客を奪いあう円タクのダンピング風景

市内1円の均一性を含む標準料金16種」が警視庁で制定され「円タク」が始まったが、実際には乗客と運転手の掛けあいで料金が決まることが多かった。

昭和初期の銀座四丁目交差点

大震災から銀座の復興は早かった。大正末には三越、松坂屋などのデパートが次々に開店し、資生堂、伊東屋、服部時計店などの老舗が前にも増して豪華なビルを建設した。

にこやかに微笑むカフェの女給

文化的な銀座の雰囲気が少しずつ変わったのは、昭和5年のエロが売り物の大阪のカフェ「美人座」が進出してから。この頃からエロ、グロ、ナンセンスが流行した。

モダンガールが闊歩する銀座

流行の最先端の街「銀座」。西洋文化の影響を受けた先端的な男女を外見的な特徴を指して「モボ」「モガ」と呼んだ。

ガソリン切符

戦時体制が整うにつれて、最も心配された石油資源。昭和13年にはガソリンが切符制になり、物資配給が規制され始めた。

昭和6年(1931)
満州事変が勃発。その後、昭和12年の日中戦争、昭和16年の第二次世界大戦へと戦争体制が進み、物資統制によりガソリン使用が禁止に。タクシー燃料は木炭・亜炭・薪などに切り替えられた。 代燃車の木炭タクシー代燃車の木炭タクシー 街中に掲げられたスローガン街中に掲げられたスローガン トラブルの多かった木炭車トラブルの多かった木炭車
代燃車の木炭タクシー

代用燃料車はガス発生炉の取り付けに費用がかかるうえ、馬力もなく、業界にとっては大きな痛手となった。この代燃タクシー時代は昭和26年頃まで続いた。

街中に掲げられたスローガン

戦時体制が進むなか、「ぜいたくは敵だ!」というスローガンが発表され、東京の目抜きの場所には15,000本もの看板が掲げたれたという。

トラブルの多かった木炭車

後部トランクを改造してガス発生炉を取り付け、炭俵や燃料入り南京袋を積み、もうもうと黒い煙を発生。それでも大衆にとってタクシーは貴重な足だった。

昭和19年(1944)
日本本土への空襲が激化する中、当時の政府は残存する東京のタクシー会社約60社を、大和、国際、帝都、日交の4社に統合・合併。 焼け残った部品を持ち帰る焼け残った部品を持ち帰る 部品集め部品集め
焼け残った部品を持ち帰る

終戦当時、実働していたのは、千数百台を数えるのみ。4社では焼けた車をかき集め、部品を継ぎ足しては1台1台増車していった。

部品集め

この頃のタクシーはとにかく部品集めが大切な仕事だった。

昭和21年(1946)
終戦後、タクシーは電車やバスに準じる公共交通機関となり、所轄官庁が内務省から運輸省に移された。 看板灯のついたタクシー看板灯のついたタクシー 街で活躍する輪タク街で活躍する輪タク 物資不足でも若い娘はおしゃれ物資不足でも若い娘はおしゃれ 戦後初の払い下げ新車戦後初の払い下げ新車 街に復活したタクシーの群れ街に復活したタクシーの群れ
看板灯のついたタクシー

アメリカのキャブを手本に看板灯がついた。この頃からタクシーが再び急成長を始める。

街で活躍する輪タク

終戦時、焼け残ったタクシーは1565台だけ。進駐軍や官庁の需要に応えるのに精一杯で一般利用客までには手が回らず、街では輪タクがハバを効かせていた。

物資不足でも若い娘はおしゃれ
戦後初の払い下げ新車

タクシーが再び急成長を始めるのは昭和24年。タクシー事業の新規営業が許可されるようになると、会社数、台数はアッという間に増えた。

街に復活したタクシーの群れ

昭和22年、GHQから小型乗用車に限り、年間300台以内の製造が許可されるとただちに国産車の生産が始まる。朝鮮動乱で景気が良くなる頃には乗用車ブームが到来。

昭和28年(1953)
戦後の復興により東京のタクシー会社数も増加。当時の小型国産車に比べて性能の高いワーゲン・ルノーなどの外車が数多く導入された。 全盛を誇ったワーゲン全盛を誇ったワーゲン 師走の数寄屋橋交差点師走の数寄屋橋交差点
全盛を誇ったワーゲン

昭和30年代初頭、全盛を誇ったワーゲン。ルノー、ヒルマン、コンサルなども使われた。

師走の数寄屋橋交差点

※イメージ写真

昭和33年(1958)
東京タワー竣工。運輸規定でタクシーの営業走行が1日360km以内に限定された。 個人タクシーが初めて走った日個人タクシーが初めて走った日
個人タクシーが初めて走った日

収入を増やすため走行距離を延ばすことから無謀運転が続出。朝日新聞は「神風タクシー」キャンペーンを展開。その対策として個人タクシーが認可された。

昭和35年(1960)
東京の法人タクシー業界が一本化され、(社)東京乗用旅客自動車協会(以下、東旅協)が発足。
昭和37年(1962)
全国のハイヤー・タクシー事業者団体である(社)全国乗用自動車連合会が発足。LPG(LPガス)タクシーが登場。東京が世界初の1千万人都市に。 昭和通りを走るマツダR360クーペ昭和通りを走るマツダR360クーペ
昭和通りを走るマツダR360クーペ

型式名がニックネームとして定着したほど人気だった。後ろは1958年型クラウンのタクシー。

昭和39年(1964)
東京オリンピック開催。タクシー運賃改定で初乗り2km/100円に。
昭和44年(1969)
東京タクシー近代化センター(現在の(財)東京タクシーセンター)誕生。
昭和52年(1977)
忘れ物や苦情を受け付ける「タクシー・カード」が登場。「領収書」の発行開始。タクシー運賃改定で初乗り2km/330円に。 昭和50年代、銀座を走るタクシー昭和50年代、銀座を走るタクシー いつも賑わう銀座通りいつも賑わう銀座通り
昭和50年代、銀座を走るタクシー
いつも賑わう銀座通り

老若男女、外国人日本人の区別なくいつも賑わう銀座通り

昭和60年(1985)
荷物が大量に積めて普通車と同料金の「ワゴンタクシー」運行開始。警視庁がシートベルト着用指導を実施。 60年8月/ワゴン・タクシー発車式60年8月/ワゴン・タクシー発車式 大荷物でも安心ワゴン・タクシー大荷物でも安心ワゴン・タクシー 古くて新しい銀座古くて新しい銀座
60年8月/ワゴン・タクシー発車式

昭和60年8月、初のワゴン・タクシー発車式

大荷物でも安心ワゴン・タクシー

大荷物でも安心のワゴン・タクシー。こんなにたくさん積める

古くて新しい銀座

古くて新しいからこそ、銀座は楽しい

平成7年(1995)
阪神・淡路大震災発生。東旅協が被災地と兵庫県タクシー協会へ義援金を寄贈。
平成9年(1997)
「京都議定書」議決。地球温暖化問題への取り組みとして、東旅協が「エコドライブキャンペーン」を実施。タクシー運賃改定で初乗り2km/660円に。
平成11年(1999)
東京および全国で「介護タクシー」が始まる。 介護タクシー(福祉車両)介護タクシー(福祉車両)
介護タクシー(福祉車両)
平成20年(2008)
東京のタクシー「車内全面禁煙」開始。
平成22年(2010)
東旅協創立50周年。「羽田空港定額運賃制度」開始。 羽田空港定額運賃ステッカー羽田空港定額運賃ステッカー
羽田空港定額運賃ステッカー
平成23年(2011)
東日本大震災が発生。東旅協が被災地へ義援金およびタクシー中古車両を寄贈。JR東京駅にEV(電気)タクシー・HV(ハイブリッド)タクシーの専用乗り場が開設。 東京丸の内 専用乗り場東京丸の内 専用乗り場
東京丸の内 専用乗り場
平成24年(2012)
タクシー生誕100周年を迎える。同年、東京スカイツリー開業。現行運賃初乗り2km/710円。